子供

女の子のお祝いに欠かせない雛人形が進化を遂げている

  1. ホーム
  2. 非常に大切な習慣です

非常に大切な習慣です

五月人形

意味やかたちがあります

端午の節句というと五月人形を飾るということがあります。その意味は兜や鎧などを飾ることによって子供を守ってもらうという意味合いがあります。古くは武家の風習でしたが一般化して飾られるようになった経緯があります。五月人形については母方の実家が贈るというのが本来の風習になっています。最近の住宅事情などを反映して収納に便利な五月人形が好まれるようになってきています。様々な種類の物がありますが基本的に家に合ったものを選ぶということが一番重要なことです。飾る時期としては4月の中旬ごろまでがいいとされています。収納は5月5日が過ぎてからということになります。子供の健やか成長を願うものなのでしっかりと飾ることが大切です。

知っているといいことです

五月人形は非常に価格の幅が広いということがあります。そのために何を選ぶのか分からないということも出てきます。注意しておくべき点としては五月人形を飾る場所を考えて選ぶということです。大きなものは運搬や収納にも手間がかかってしまいます。そうなってくると端午の節句の時期に鳴っても飾るのが億劫になってしまう可能性もあります。そうならないためには家にあったものを選ぶことが大切です。飾ったり片付けたりする場合にはしっかりと手袋をつけて指紋などがつかないようにすることが重要です。もちろん片付ける場合にはしっかりとホコリ等を取って汚れも拭き取ってから片付けます。丁寧に扱うことで長く使い続けていくことが可能です。