子供

女の子のお祝いに欠かせない雛人形が進化を遂げている

ランドセル

人気の牛革ランドセル

ランドセルは牛革のものが人気になっており、多くのブランドが発売されています。ランドセルをプレゼントするなら、色なども子供に選んでもらえば小学校の間好みのものを使うことができますので考慮しておくと良いでしょう。

五月人形

非常に大切な習慣です

端午の節句には五月人形を飾るという風習があります。これは、子供の健やかな成長を願って飾ります。鎧や兜を飾ることで子供を守るという意味合いがあります。選ぶときには家に合ったものを選ぶことが大切です。また飾るときや収納するときには手袋をつけホコリや汚れを落とすことも重要です。

女の子の成長を願うお祝い

雛人形

三段飾りや親王飾りが人気

女の子の節句である三月三日のひな祭りは、女の子の健やかな成長を願うお祝いです。雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリの吸い物などを食べてお祝いします。ひな祭りには欠かせない雛人形は、女の子の災厄を代わりに引き受けてくれる、とされています。最近では、昔のような七段飾りや五段飾りではなく、マンションやアパートでも置ける、場所を取らない三段飾りが人気です。お内裏様とお雛様だけの、親王飾りも人気があります。また、顔もそれぞれ違いますので、選ぶ際の基準にしても良いのではないでしょうか。お気に入りの顔だと、眺めているだけでも楽しく愛着が湧くので、大切にできるでしょう。関東と関西でも顔が違うと言われているので、色々調べてみるのも面白いかもしれません。

飾る日と片付ける日

ひな祭りの歴史は、とても古く、平安時代にまで遡ります。その頃に行われていた無病息災を願う祓いの行事と、女の子の間で当時流行っていた、ひいな(人形)遊びが合わさったものが、現在のひな祭りになったとされています。雛人形を飾る日は、明確には決められていませんが、立春の頃の晴れた良い天気の日に飾ると良いでしょう。片付ける日も悩みどころです。三月三日が過ぎたからといって、すぐに片付けてしまうのはもったいない気もします。しかしあまりに遅いと、婚期が遅れる、という説もあるので、少し気になるところです。ですので、大体の目安としては、三月中旬頃には片付けると良いでしょう。雛人形は湿気に弱いので、飾る日も片付ける日も、晴れている日に行いましょう。

男の子

丈夫でデザイン性も抜群

男の子のランドセルの特徴は、やはり丈夫であることが挙げられます。傷防止加工や撥水加工が施されているものは、傷みが少なく長持ちします。既製のランドセルでも良いものはたくさんありますが、オリジナルのものが欲しい、という場合は、オーダーメイドできるランドセルもあります。